皆さんの生活にも浸透している”面ファスナー”。何度でもくっつけたり剥がしたりできるので、色んな場面で活躍しています。でも、どうしてマジクロスをはじめとする面ファスナーは、簡単に「くっついて」引っ張ると簡単に「剥がせれる」のでしょうか?
その秘密は、マジクロスの2種類の布が織りなすマジックなのです。マジクロスを拡大して見てみると、小さなマッシュルーム型の膨頭子(フックタイプはカギ型のフック)とループの2つの形があることがわかるでしょう。
この二つを貼り合わせると、マッシュルームがループに引っかかることで、簡単にくっつきます。また剥がすときは、お互いを引っ張ることで、絡みからマッシュルームが抜け、簡単に剥がすことができるという仕組みです。

お気に入りの服や一生懸命作ったお弁当袋は永く使いたいもの。マジクロスを長持ちさせるお手入れ方法、教えます。 Q.洗濯機で洗っても大丈夫?
A.はい。洗濯機で洗う場合は、しっかりフック面とループ面を止めておくか、洗濯ネットに入れてください。
他の洗濯物を傷めず、洗濯クズも着きにくくなります。 Q.ドライクリーニングは出来ますか?
A.縫製タイプのものはドライクリーニングもOKです。 Q.アイロンをかけてもいいの?
A.アイロンをかけても大丈夫ですが、熱面が直接マジクロスに当たらないようにしてください。
裏からかけるか、ハンカチなどで当て布をしてください。

マジクロスの活躍へ

化学繊維でできたマジクロスを見ると、化学の知恵で誕生したかのように思います。でも面ファスナーは、実は自然の知恵から生まれたのです。
1948年スイスのジョルジュ・デ・メストラル氏は、山狩りの最中、服などに野生ゴボウの実が沢山くっついているのに気づきました。
野生ゴボウの実を観察した彼は、表面に先端がフック状になった細かい突起が服の繊維に絡みついていることを見つけました。彼はこれにヒントを得、ナイロン糸を使い、フックとループで面ファスナーを創り出したのです。
数々の企業が研究を重ね、様々なタイプの面ファスナーが誕生しました。当社ではその中でも、マッシュルームタイプの面ファスナー「マジクロス」に着目し、剥がれにくい面ファスナーとしてより一層の開発に注力しています。

Copyright © 伸和株式会社 All rights reserved.