当社は、現在3台熱処理機(テンター)と3台の乾燥機を保有しています。特に最新型のテンターは有効幅3600mmで、600mm〜1700mm×2本、及び600mm〜1100mm×3本の加工が可能となっています。またテンターからのバッチアップ装置も有し産業用資材のラージパッケージ化にも対応しています。熱源は都市ガスで間接加熱タイプとなっています。
主な付加価値加工として、撥水(耐久撥水)、難燃、抗菌防臭、制電、吸水、防汚等の加工の他、エマルジョン樹脂加工を行い、あらゆる市場のニーズに対応しています。
また、東レ株式会社より開示を受け「吸湿モノーマによる吸湿発熱加工」も行っています。
2010年9月には広幅(1600mm)ロールコーターを新設し、既設の乾絨機と併せてバックコーティング加工のさらなる充実を図りました。
 
  ひとつ上に戻る  


仕上げ工程では、機能性加工として快適・清潔の機能を持たせます。

 

 




TOP 会社紹介 事業内容 採用情報 染色加工 マジクロス ベルライン サイトマップ お問い合わせ English